連続絶食1年を無事に達成して


2005年3月2日にこれを記す


これまでの経緯

 本日(2005年3月2日)で、無事に連続絶食1年を達成する事が出来
た。ここまでの間、今思い返すと様々な事があったように思う・・・。
 そもそも、今の絶食生活を始めるきっかけとなった症状が現れ始めたの
が、確か2003年の3月頃だったように記憶している。
 その頃は、まだ俺も毎日普通に食事して生活していたのだが、食事をす
る度に「お尻の付け根の辺り」に激痛を伴うような症状が出てきたのだ。俺
は心配になり、すぐに主治医に診て貰ったのだが、主治医が言うには「流
君は痩せているから、それによりお尻の筋肉が衰えてしまった影響だろう。
なるべく運動して筋肉をつけるように」との事だった。
 そしてその日は結局、そのまま家に帰されてしまい、俺は医者に言われ
た通りに「自転車を漕ぐ」などして、なるべく運動して筋肉を付けようとした。
しかし、運動すればする程、お尻の痛みは和らぐどころか、逆に痛みを増し
ていった・・・。
 それから約1ヵ月後の2003年の4月に、とうとう熱を出して俺は寝込ん
でしまった。熱が出たという事は「CRP」が上がっているだろうと懸念した俺
は、大事を取りその日から1週間、自宅で自主的に「絶食生活」を行う事に
した。しかし、1週間経っても、体調は一向に回復せず、結局病院に行く
と、そのまま入院する羽目に・・・。
 そして、その入院でいつもの辛い「胃腸の検査セット」を行ってみると、
「腸に穴が空いている」という事が判明した。何でも、その腸に空いた穴の
せいで、食べた食べ物がその穴に落ちる事で、お尻の付け根に激痛が走
ったようだ。
 ・・・要するに、前に主治医が言っていたのと、全然違う理由だった訳だ
が・・・(汗
 それから、約1ヵ月半の間、IVHだけの辛い絶食の日々が始まった。そし
て、6月の頭にようやく食事を開始するも、病院食の「5分粥」まで移行した
ところで、再び「お尻の付け根の激痛&高熱」に襲われる。
 こうして、再び絶食生活に戻されてしまい、7月の初めに結局エレン生活
の状態のまま退院する事になってしまった。正直、エレンの状態のままで
退院するのは初めての事だったので、結構ショックだった・・・。
 それから、大学に通いながら毎日3食全てをエレンのみの生活で、約半
年以上過ごし、2003年の12月に「食事をする為」に入院する事になっ
た。ここまでの期間でも、結構長く感じたような覚えがある。
 何でも主治医の話では、「半年間何も食べずに腸を安静にしたのだから、
流石に腸の穴も塞がっているだろう」との判断らしい。そんな訳で、約半年
振りに「重湯」から食事を開始した訳だが、久々の食事はマジで美味かっ
た!
 今回は慎重に食事を再開した事もあり、5分粥まで移行しても体調が悪く
なる事がなかった。そして、2003年の年末に5分粥の状態のまま、無事
に退院。それから暫くは、自宅でお粥を食べて過ごす事が出来るようになっ
た。
 しかし、年が明けて2004年正月、またしても恐れていた事が起こった!
三度「お尻の付け根の激痛&高熱」の症状が出て、すぐに病院に行くと、
またしてもエレンのみの絶食生活に日々に戻されてしまう。この時は、重湯
の期間を含めても、結局1ヶ月も食べる事が出来なかった・・・。こう何度も
何度も「絶食生活」に戻されると、マジで嫌気が差してきたっけな・・・。
 それから、2004年の2月の終わり頃に、医者の許可なしに自宅で「夜の
みお粥」を食べてみたものの、結局またしても1週間ともたずに「お尻の付
け根の激痛&高熱」が発生・・・。ここまで食べる度に「激痛」に襲われてし
まうと、「食べる」行為そのものが怖くなってしまった。
 そして、その1週間だけの「夜のみお粥」で「昼間はエレン」の生活から、
再び「3食フルエレン」の完全絶食の生活に戻ったのが、去年(2004年)
の3月2日という訳なのだ。それから、1年経った本日、無事に連続絶食1
年達成する事が出来た♪
 今思い返すと、今日までの1年間、ホントに1日1日が凄く長く感じた
な・・・。あ、そうそう!さっき書き忘れたが、この絶食生活中に何回か主治
医が変わった。そして、主治医が変わる度にいつも決まって同じ事を言わ
れ続けてきた。
 この長期絶食生活を始めたばかりの最初の主治医は、「腸に穴が空いて
いる」と言っていたのが、今では「腸の狭窄や癒着が酷いから、1食でも食
べたら腸閉塞になる危険がある」と言っている。何か、前の主治医と言って
る事がかなり違う気がする・・・。
 そして今の俺の腸はかなり酷いらしく、例え「手術」をしたとしても治療は
非常に難しいと色んな医者に言われた。要するに今のところ、今までのよう
に絶食生活を続けるしか、体調を安定させる方法がないらしい・・・。
 医者が俺の腸を検査した時の写真を見ながら、しきりに「困ったね〜」を
連発していたのを、今でもハッキリと覚えている。「腸がループ」していると
も言っていたが、俺には詳しい事まではよく分からなかった・・・。
 ・・・長くなってしまったが、そんな訳でこれからも俺は、多分まだ「絶食生
活」を続けていくしかないんだろう。
 ま、何はともあれ、取り敢えずは「連続絶食1年達成」おめでと〜!
俺!!
 次は「2年目」目指して、頑張りますかね☆

現在摂取している物

 毎日絶食しているとは言っても、流石に栄養を摂らないと生きていけな
い。そんな訳で、今現在は毎日、朝2袋、夜2袋の計4袋のエレンタールを
摂取して、生きている。このエレンタールこそが、今の俺の「命の源」であ
り、主食(?)でもある。
 その他には、コーヒーやココア、ミルクティーやミルクセーキなどと言っ
た、飲み物を自販で買ってきては、毎日それを飲んで日々を過ごしている。
口が寂しい時とかなんかは、よく飴玉や氷砂糖なんかを舐めたり、噛み砕
いたり(?)して、飢えを凌いでいます。
 何も食べれなくなってからは、顎を使う機会も減ってしまったので、飴玉や
氷砂糖を噛み砕く時が今の俺の唯一歯を使う機会なんだと思う。
 今日まで366日間、麺1本やパンくず1欠片、御飯粒1粒でさえ口にして
いない。そう考えると、今日まで何も食べずにエレンだけで生きてきたなん
て、ホント凄い事のような気がする・・・。
 ま、自分で言っちゃ意味ないのかも知れないが・・・(苦笑
最近では、長い事何も食べていなかったので、「様々な食べ物」の味を忘
れた事が、最大の悩み・・・かな?

現在飲んでる薬

 今現在は1日に、ペンタサ1回4錠×3回。ラックビー×3袋。ガスター×3
袋を病院で処方してもらっている。前までは、ガスターではなく、アルタット
を処方してもらっていたが、ガスターもアルタットとほぼ同じ効果と言う事
で、今ではガスターを出してもらっています。
 その他にも、病院で処方してもらっている薬とは別に、「セレン欠乏症」を
防ぐ為の「サプリメント」を毎日1回だけ飲んでいる。長期絶食中だと、「セ
レン」が欠乏しやすいとの話を聞いたので、ま、念の為!
 ペンタサなんかは、1日3回分処方してもらってはいるが、実際には朝と
夜しか飲んでいない。いや、正直に言っちゃえば、夜しか飲んでないか
も・・・(汗
 ・・・駄目じゃん、俺・・・(爆

月に一度の外来

 クローン病を発病してからは、月に一度必ず病院に通院するようにしてい
る。今現在は、完全に絶食生活になってしまった為、病院に行って「エレン
タール」をもらえないと、生きていけない・・・。
 なので、嫌でも病院に通わざるを得ないのが現状だ。言わば、俺からす
れば、病院は絶食中の「命の源」を確保する為に欠かす事が出来ない場所
の一つだろう。
 食べてる人達には悪いが、俺的には「ファーストフード店」や「レストラン」
よりも、病院の方が生きる為に大切な場所と言えると思う。
 俺は月に一度の外来の時には、いつも予約して通うようにしている。あま
り長く待つのが好きじゃない、というのが正直なところだが・・・。
 つい最近までは、自分の通っていた大学の近くの病院に通院していた。
しかし、そこは予約しているにもかかわらず、滅茶苦茶待たされるので物
凄く疲れる。また、そこの医者が「クローン病に詳しい」という事で通うよう
にしたのだが、患者の「心のケア」までは全然考えていないような医者だっ
たので、正直呆れてしまった・・・。
 そんな訳で、先月からは再び地元の「総合病院」に戻ってきた。今まで、
「消化器科の先生」がいなかったのだが、再び新しい先生が来たとの事だ
ったので、「紹介状」を書いてもらったのだ。
 外来に行く度に、結構頻繁に「採血の検査」はしているのだが、絶食生活
のおかげか、今のところ「CRP=0.1」くらいと、安定している。
 でも、エレンタールでも腸が詰まる危険があるとの事なので、このまま何
事もなく安定していて欲しいものだ。

心のケア

 クローン病になった当初は、まだ毎日食べる事が出来たので、絶食生活
のホントの辛さをよく理解していなかったように思う。その当時、同じクロー
ン病の患者さんで、「何も食べる事が出来なくなり、毎日絶食して何年も生
活している人がいる」と聞いた事があった。
 しかし、その頃の自分は毎日食べる事が出来たので、今思うと、その話
をまるで「他人事」のように聞いていたように思う・・・。その当時の自分は、
まだまだクローン病の中でも、「軽い症状」なんだと、自分に対しての甘え
があった。
 その甘えから、時々「NG食」を食べるという行為をしてしまい、その
「時々」の行為が「頻繁」になっていった・・・。
 そして今では、俺も何も食べる事が出来ない体に・・・。今では、昔聞いた
その話も、「他人事」どころか、今の俺の状況にピッタリと当てはまる。
 全ては俺の甘えが原因・・・。今のこの現状は、元はと言えば「自分が蒔
いた種」と言ってしまっても、過言じゃないと思う。
 今思い返すと、俺はクローン病が発病する前は、物凄い「暴飲暴食」をし
ていたっけな。「スナック菓子」を大量に食べ、炭酸飲料を大量に飲む。そ
して、お菓子の食べすぎで腹が一杯になってしまい、御飯を食べれなくてよ
く親に怒られた記憶がある・・・。
 やっぱ、今のこの現状は、全ては俺の過ちが原因なのかな・・・?
ただ、長く絶食生活を続けて、俺が思う事は、ホントに「食べる」って行為は
大切だって事を、非常に痛感させられる・・・。外に出ても、食べ物で溢れて
いるし、TV見てたって、ラジオでさえ「食べ物」の話題が出てこない日がな
い。
 きっと、それだけ「食べる」って行為が人間にとっては、重要な意味を示し
ているんだと思う。「食欲」という欲求は、人間の「三大欲求」の一つに数え
られるくらいだしな!
 今の俺はその三大欲求の一つである、「食欲」を抑えつけて毎日生活し
ている訳なのだから、無意識の内にストレスだってどんどん溜まっていって
しまう・・・。自分自身、腹が減ってもキリがない為、イライラをなるべく「顔に
出さない」ように努力はしているつもりだが、それでもどうしても抑えられな
い時が多々ある。
 やっぱ、毎日「食欲」を抑えつけている以上は、自分の想像以上に「精神
にダメージ」を与えているのだろうか・・・?
 最近では、結構精神状態が安定していると思いきや、急激に機嫌が悪く
なったりするので我ながらタチが悪い。親曰く、「躁鬱病」じゃないかと言わ
れてしまった。
 確かに、機嫌が物凄く悪かった翌日には、今度は前の日とは打って変わ
り、「ハイテンション」で、物凄く機嫌が良いしな・・・(汗
 その他にも、俺が食えない事で、家族にかなり「気を遣わせて」しまってい
るように思う。俺もエレンを摂取する際には、なるべく家族と被らない時間帯
に、台所を使うようにしている。
 それでも、時々タイミングが合わなくて被ってしまった時なんかは、かなり
気まずい。特に母なんかは、俺がいつも「キリがないから気にすんな!」と
言っても、かなり申し訳なさそうに飯を食ってる・・・。俺がたまたま、台所に
入った時なんかは、母が食っていた「お菓子」の袋を慌てて、背中に隠すく
らいだし・・・。・・・てか、バレバレなんですけど・・・(苦笑
 俺がこの状態になってから、家族と一緒に暮らしている筈なのに、皆に気
を遣われるのは正直言ってかなり寂しい。俺以外の家族皆が、俺の部屋の
斜め前の台所で飯を食ってる中、俺だけ一人自室でTV見たり、ゲームやっ
たりして過ごすのは、凄く虚しいと思う。
 この前、親に「『普通、こんな体になったら、こんな体に生んだ親の事を恨
む』って言うけど、あんたは一言もそんな事言ってきた事ないね・・・」と言わ
れた。確かに、それは一理あるのかも知れないが、親にそんな事で「恨ん
だ」としても、俺の体が治る訳じゃないからな・・・。
 それに別に、俺は親の事を恨んじゃいない!いや、むしろこんな体の俺
の面倒ばかり見て貰って、今まで迷惑ばかり掛けてきたので、逆に親に感
謝したいくらいだよ!!
 話は変わるが、今の前の主治医も患者の「心のケア」を全然考えていな
いような、医者だった。確かに「クローン病」の知識はたくさんあるらしいの
だが、俺が外来に行く度に「食事はどうしてる?」って聞いてくるのはマジ勘
弁してくれ・・・。
 てか、良い加減、俺が「長期絶食中」だって事を理解して欲しい。この前
なんてよりにもよって、予約しているにもかかわらず散々待合室で待たされ
た挙句、こちとらエレン摂取していなくてフラフラなところに、トドメと言わん
ばかりに主治医が「今日は患者さんが多いから、先生忙しくて昼御飯食べ
る時間がないよ」なんて言ってきやがったからな!
 俺の主治医なんだから、もっと患者の現状を把握しておくべきだと思う
ぞ、俺は!!毎日何も食っていない人間に対して、その発言はどうかと思
う・・・。
 俺は今までに何人もの医者に診てもらってきた訳だが、もっと患者の「心
のケア」までしっかりして欲しい。患者だって、心を持った立派な「人間」な
んだからさ!
 ま、何はともあれ、この食べ物が溢れている世の中で、毎日何も食べる
事が出来ないというのは、かなりキツイものがあるが、なるべく楽しい事を
たくさんして、今という時間を精一杯生きていきたいと思う♪


最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!


トップへ
トップへ
戻る
戻る